屋根の修理は屋根職人にお任せください

最近は瓦工事の減少や後継者不足により、瓦屋自体が減少していますが雨漏りや屋根の不具合は年々増えています。
時代の流れで家の様式や建て方が変わりますが、それに対応した屋根修理、雨漏り修理を心がけています。

雨漏りの原因ご存知ですか?

雨漏りの原因はいろいろと考えられますが、一番は建物の経年劣化です。稀に新築で間もない家なのに雨漏りが発生することがありますが、この場合は開口部(窓や換気口)の防水処理がきちんと行われてないケースが考えられます。

瓦屋根の構造

瓦は雨水を軒どいまで流す役割があり、防水シートは暴風雨などで瓦の下に雨が入り込んだ時に、野地板に雨水が染み込むのを防ぎます。つまり屋根とは「瓦と防水シートの二重構造」で家屋を雨から守っている状態です。経年劣化によって瓦が割れたりずれたりすると、防水シートが野ざらしになり、風雨にさらされ防水性がなくなります。そうならない為には、常に瓦がきちんと屋根に収まった状態で防水シートを保護することが大切になります。

雨どい等の詰まり

雨どいが劣化して傾いたり、落ち葉が詰まったりすると、雨水がきちんと流れず、といに滞って雨漏りが起きます。

棟瓦のズレ

棟瓦のずれは、棟瓦の土台となる棟土が経年劣化により粘り気を失って起こります。また熨斗(のし)瓦を止めている番線が切れてずれる事もあります。

谷やトップライト(ガラス瓦)の屋根は要注意

寄せ棟や増築した屋根等は形にもよりますが構造上、雨を逃がす為の「谷」が存在します。古い谷はトタン材で出来ていて、酸性雨等によりトタンに穴が開き雨水が浸入する事があります。ガルバリウム鋼板やステンレスで出来ている谷は穴は開きませんが、その回りの瓦がズレたりすることで瓦と谷に隙間ができて雨漏りします。室内に自然光を取りこむ為に付けたはずのトップライトやガラス瓦ですが、意外にも雨水まで室内に入ってくる事があります。原因は「取り付けているふちのコーキング樹脂の劣化」や回りの瓦のズレで生じた隙間等です。

外壁塗装もお任せください

弊社は屋根修理だけでなく、外壁塗装も承っております。
屋根と同様に、早めに外壁塗装工事や防水工事を行うことは長期的に見ると必ずコストダウンにつながります。外壁は人間の体とよく似ていますので、早め早めのお手入れが大切です。
外壁塗装の工事には、住宅をきれいに見せる効果がありますが、外壁の塗装膜の性能を維持し、家の構造と寿命を長持ちさせること、資産価値を高めることも目的になります。お家のことで不安などございましたら、安心と信頼施工のコネクトにお任せ下さい。

屋根修理へ
外壁塗装へ

お気軽にお問い合わせください。0120-940-325受付時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。