外壁塗装についてご説明します。

戸建て住宅からアパートまで様々な外壁塗装に対応しています。

【外壁塗装の役割】
住宅の外壁に使われている素材は、モルタルやサイディングと呼ばれるボード状の外壁材が一般的です。外壁の下地は、塗装による皮膜で守られていますが、年月とともにこの塗装は劣化し、はがれ、ひび割れが発生します。皮膜が破れると下地にまで影響が及び、柱や土台といった住居の構造部分まで劣化させてしまうこともあります。
【外壁塗装の種類・耐用年数は?】
環境や使われている塗装材の耐久性によりタイミングは変わってきますが、モルタル壁の場合は、10年前後で塗装材を塗り替えるのが一般的です。下地のモルタルに問題がなければ、塗装を10年前後ごとに繰り返すことで長期間性能を保ち続けます。サイディングの場合も、塗装材の種類にもよりますが、塗り替えのタイミングは10年前後、サイディング自体の交換は25~30年が目安になります。

【 外壁に生じるトラブルとその原因】
一般的な時期の目安のほかにも、外壁には、いくつか塗装タイミングの目安となる現象が起こります。色あせや汚れのほか、以下の状態が確認できたら外壁塗装を検討しましょう。
・下地ではなく、塗膜にごく細いひびが入る。
・下地がひび割れる。壁全体にチョークのような細かい粉がふく。
・接合部や目地にひび割れが入る。壁に白い細かな粒が現れる。
【 外壁の修繕、対策】
外壁の種類によって塗装の種類も異なりますが、現状の外壁にサイディングで対応することもあると思います。どちらにしても、お客様のご要望を詳しくお聞きした上で最適なご提案をさせていただきますので、ご遠慮なくご相談ください。

屋根と同様に、早めに外壁塗装工事や防水工事を行うことは長期的に見ると必ずコストダウンにつながります。
必ず定期的なチェックを行いましょう。

事例紹介へ

お気軽にお問い合わせください。0120-940-325受付時間 9:00 – 18:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。