雨どい修理についてご説明します

その雨どい修理、もしかしたら0円で直るかもしれません!

ただし経年劣化では適用外になります。訪問時にあらゆる角度から見させて頂き、「屋根職人」の立場で適切なアドバイスを行っていますのでお気軽にご相談ください。

雨樋トラブルの主な症状をご説明します

雨水があふれる

雨水が樋からあふれる原因は経年劣化によって樋の傾きが反対になっていたり、連結部分が外れていたり、支持金具が傷んでいたりと様々です。 屋根や壁からの雨漏りにつながるケースもあるので早めの処置が必要です。

雨どいの中にコケや物がたまる

雨樋は本来「雨水をうける」ために取り付けられているもので、雨水以外の物も堆積しやすくなっています。 割れた瓦の破片、漆喰、バトミントンの羽、落ち葉などがたまると樋本体を痛める原因になります。

雪や豪雨による部分的な破損

地域差はありますが大雨や雪による部分破損は年々増えています。 他は大丈夫でもその部分が傷んでいることで、徐々に直す部分が増えることもあるので注意が必要です。

雨どいのつまりにお困りではありませんか?
屋根の掃除はお任せください!

雨どいのつまりをほっておくと、後々大きなトラブルになるケースがあります。

雨樋(あまどい)のつまりの原因は落ち葉がたまることが多いですが、そのままにして置くと雨どいの途中から水が漏れたり、水の流れが悪くなり軒といが変形したりすることがあります。
一年で見てみると梅雨や台風、秋〜冬にかけては雨どいの故障が多く落葉やコケも溜まりやすいので、特に注意してご自宅の屋根や樋をチェックすることが重要です。

事例紹介へ

お気軽にお問い合わせください。0120-940-325受付時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。